稚ウニの成長とムラサキウニが歯をむき出したらエサくれの合図!?

[common_content id=”9615″ type=”text”]

今回は、成長している稚ウニたち(バフンウニ)の実際の大きさが伝わりやすいように、僕の親指と大きさを比較してみました。

それと、ムラサキウニが歯をむき出しにしていることがありまして、もしかしてエサが欲しい合図ではないか?と思いましたので、その理由も一緒に書いてみました。

目次

稚ウニの引っ越しと親指で大きさ比較!?

稚ウニ(バフンウニ)の隔離水槽200605
現在の稚ウニたちは、殻や棘もしっかりとして外敵から身も守ることができるようになっていると感じたので、思い切って稚ウニ専用水槽から大人たちがいる飼育水槽へ引っ越しさせてみました。

 

稚ウニ(バフンウニ)の大きさ200605
隠れて映っていない子もいますが、黄色〇のところに稚ウニたちがいます。

大きさはどうだろうなー?おおよそ1mmを超えたあたりではないかと。

 

稚ウニ(バフンウニ)と親指で大きさ比較200605
親指と比較してみるとこんな感じです。

まだまだ小さいですね。

でも、肉眼でもはっきりとウニ殻や棘を確認することができるんです。見えると、そこにちゃんと居てくれる安心感がありますし、成長を感じれて本当にうれしいですね。

今度はメジャーや定規を使って、実際の大きさを測ってみようかな。

ムラサキウニの歯のむき出しはエサくれアピール!?

この海水水槽には大人サイズのムラサキウニがいるのですが、時々、歯茎?が見えるくらいグワッと白い歯をむき出しにしていることがあるんです。

それを見るたびに、『んっ?なんで今日は歯を出しているんだろう?』と考えていたのですが、思いかえせば、普段よりもエサをあげるタイミングが遅くなったり、少なかったりしていたときに歯をむき出しにしていることが多かったような…

 

歯をむき出したムラサキウニ200605
それに、こうやって歯をむき出しにしているときにエサである海藻(乾燥ワカメなど)をあげると、管足を、うわ~って伸ばして受け取ったと思いきや、すごい勢いで口に運んでいたような気がしないでもないような…

と言うことは…もしかして、これはお腹が空いたからエサをよこせーってアピールしていたのかな?

これは気になりますね。

今後も歯をむき出しにしているときは、エサのタイミングはどうだったのか?量は少なくなかったか?など、原因を探りながら観察していきますね。

[common_content id=”8339″]

うみ遊び&ウニ殻ハンドメイド&生きもの情報サイト“うみ遊びの旅をしよう♪なぎさひろい”運営
ダイビングインストラクターいのこ君

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる