里山の竹の子は間引いて食す物!?

今月18日(土)にダイビングのお客さんから

竹の子狩りに誘われて行って来ました!!

今が旬の竹の子、

一体何処の山まで狩りに出掛けると思ったら、

なんとお客さん所有の山だそうなΣ(゚ω゚ノノヌオッ
※あなどりがたし、西尾市民

まさか山を所有していらっしゃるとは、

憧れます。(*´Д`*)

と言う事で山の麓まで車を走らせたら、

あとは荷物もって歩く

木々に囲まれた道を

桑を持ったへたれ小僧が歩く

今年はこれで2回目の参加だけど、

前回よりも竹の子が育っているので

見つけるのが簡単なんだそうな。
※前回は地面を踏んだ感触で
落ち葉に隠れた竹の子を探してました。

どんだけ育っているのかワクワクしながら行くと…

で…でかい( ゚∀゚)・∵ブハッ

こんなに逞しく育ちおって

今から狩ってやるわ(#`Д´)ノ

ザクザクザク

ザクザクザク

桑で周りを掘って掘って掘り進むと

根っこが登場!!

ここまで掘れば勝負がついたも同然(`・ω・´)キリッ

桑を根っこに差し込み

てこの原理を使って一気に持ち上げると

おぉ~ (ノ゚Д゚)ノ

何とも満足感溢れるこのサイズ

凄く気持ち良いね♪

結果、自分・先生・Aさんの3人で

これだけ採ってきました。

こうやって適度に管理して行く方が

里山には良いみたいですね。
※山にも種類があって
『自然林』『人工林』『雑木林(里山)』など
それぞれ手入れが必要だったり必要なかったり、
管理の仕方が違うみたいなので
どうやって管理していくのか興味深いですね。

いざ、Aさん宅に戻って並べてみると、

おぉ~

茶色の皮が凄く良い色してる。(´-ω-)

採れたては軟らかいので、包丁でざっくりと切ると

わぁ~、綺麗な色( ☆∀☆)

これは絶対美味しいでしょ♪

Aさん、誘って下さってありがとうございました。

今日も美味しく頂いて、ついに完食です。(笑)

『竹の子は間引いて食す』

これぞ、山管理の究極の形なり

ダイビング大好き いのこ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる